家族で育む、地元の味「睦希庵」

2017年1月16日

こんにちは、福田真木子です。
前回お話を伺った神崎文房具店の神崎さんにご紹介いただき、今回は、地元の人々に親しまれているお蕎麦屋さん「睦希庵(むつきあん)」さんにお話を伺ってきました!

* * *

ご店主(写真左・息子さん)は夜学に通いながら5年間コックとして修行した後、茂原のお蕎麦屋さんで修行し、24歳で独立。
「地元を大切にしたい」という思いから、生まれ育った睦沢町に睦希庵を開店、今年で創業20年目を迎えるそうです。

一緒にお店をもり立てているのは、ご両親やご親戚。(写真右・お母さん)
食材は地産地消を心がけ、「地元を大切に」を実践していらっしゃいます。
天ぷらやお新香に使っているお野菜は、お父さんが育てたもの。
お新香や梅干しは、お母さんの手づくり。
そして、お米は睦沢産。ご親戚が育てていらっしゃるお米です。
安心・安全、そして新鮮な食材を使った愛情たっぷりのお料理は嬉しいですね。
アットホームな雰囲気もあいまって、おなじみのお客さまも多いそうです。

睦希庵のオススメは天ざる。
「だしが命」とご店主がこだわる蕎麦つゆと自家製野菜の天ぷらが人気です。
ごはんをしっかり食べたい人には、天丼&もりセット(写真)もオススメ。
天ぷらはなんと7種類、丼からはみ出るほどもボリューム!(写真)
ご家族の愛情を感じます。
他のメニューもすべてボリューミーでお手頃なお値段。
大食漢の方も満足すること間違いなしです!

今後も人と人をつなぐ場としてあり続けたいと語るご店主。
外出がままならないご高齢の方のための出前なども今後は必要となるでしょうし、親から子、子から孫へと世代を超えて長く親しまれるお店でありたいと真摯な面持ちでおっしゃっていました。

余談ですが。
ご店主は現在恋人募集中!
お蕎麦が大好きなお嬢さん、ご来店お待ちしております!(お母さん談)

* * *

人をつなぎ、世代をつなぐ、家族で育むお店、睦希庵。
私も愛情たっぷりおいしい天丼&もりセットでおなかいっぱい大満足!
梅干しもすっぱおいしい!幸せいっぱいになりました。

睦希庵


この記事は「むつざわに来てね」に掲載された記事の転載です。
取材・文:むつざわ未来ラボ 福田真木子
写真:むつざわ未来ラボ 小林かおり

\ 気に入ったらシェアしてください /