駅はない

睦沢町民に聞いた「むつざわあるある」から紐解くむつざわの暮らし! 自慢なところも、不便なところも、ぜーんぶ読めばあなたもむつざわマニアになれるかも!?川柳仕立てでお届けします。

「 駅はない 自然はいっぱい 歩こうか 」

睦沢町には「駅」がありません。電車に乗るには、隣の茂原市か一宮町まで出る必要があります。そして、そこへ行くバスも、休日には運行していません。

睦沢町の中でも、住宅街にお住まいの方は、近くにスーパーがあったりコンビニがあったりで、歩きや自転車で出かけることも、可能かもしれませんが…

車がないと、めちゃくちゃ不便

です。(苦笑)

その代り、自然はいっぱい。天気が良い日はウォーキングも気持ちがいいです。なんて言ってみたものの、誰かに頼らないと好きなところへ行けないなんて不便は困りますよね。

都心では免許がなくても困ることはなく、駐車場代などを考えると車を持たないという人も多いようですが、田舎は1人1台が普通です。
移住を検討されている方で、免許もない、という方はまず免許を!

むつざわの取り組み「住民主体の交通を考える」

睦沢町では、町民主体のバスを走らせようと、ワークショップを開催しながら、まずは小さな実証実験を始めることを目標に活動をしています。

自分たちで考えた交通はきっと使いやすいものになるはず。交通手段がなく困っている方、将来足がなくなったときが不安な方、ボランティアで協力してもいいよ、という方が集まり、みんなで睦沢町に適した交通のことをあれこれ考えています。近い将来、免許がないお年寄りが乗れる交通が生まれるかもしれません。

\ 気に入ったらシェアしてください /