吹きガラス作家の福田さん

夢だった硝子工房を開きました!

硝子屋福 福田真木子さん

むつざわに工房を作り始めたのは2007年、釜に火が入ったのは2008年の終わりごろで、移住のきっかけは、たまたま見つけた物件が、やりたかった硝子工房にうってつけだったこと。「当時はまだ菅原工芸硝子で職人として働いていたのに、ここを借りてしまおう! と決めちゃったんです。大きな決断はあまり悩まないんです!」と笑う。いつか叶えばいいな! と思っていた夢が本気に変わった瞬間だった。
「好きなように作品を作れるということが本当に素晴らしい!」「一人で全てできるのがすごい自由!」と、窯もイチから手作りした工房の片隅でそう語る福田さんの表情は、作品に負けないくらい輝いています。

※掲載情報は 2019/03/20 時点のものとなります。

むつざわガイド「やって来た人」

会いに行こう!

硝子屋福「おてがる吹きガラス体験

\ 気に入ったらシェアしてください /