3つの材料で簡単!「いちご酢」の作り方

2016年3月28日

4月になり、いちごの季節も終わりが近づいてきました。段々と暖かくなってきて、いちごが熟すスピードが早くなってきたように思います。熟し過ぎたいちごや傷んだいちごの食べ方に困ることはありませんか?ジャムに使うのは定番ですが、今回は「いちご酢」の作り方をご紹介します。

「いちご酢」の材料は、いちご、酢、砂糖だけ。これらを鍋に入れて加熱するから、いちごを生のままで保存するよりも日持ちします。炭酸水や水で割って飲むのがおすすめです。加熱するため、酢の酸味が和らいで飲みやすいですよ。

いちごに含まれるビタミンCや酢に含まれる酢酸には疲労回復効果が期待できるといわれています。おやつや仕事終わりの1杯にいかがでしょうか。

それでは、レシピをご紹介します。

いちご酢の作り方

材料:作りやすい分量

いちご・・・・・・・・・・・・・400g
砂糖・・・・・・・・・・・・・・120g
酢・・・・・・・・・・・・・・・100cc

作り方

1、いちごのヘタを取って鍋に入れる。

2、砂糖を加えて混ぜ、1時間おく。

3、酢を加えて中火にかけ、ふつふつするくらいの火加減で5分煮たら火を止める。

4、煮沸消毒した保存瓶に入れて蓋をする。粗熱が取れたら冷蔵室で保存し、2週間を目安に使い切る。

無糖の炭酸水(もしくは水)を注いでお召し上がりください。
いちご酢大さじ1と1/2に対して炭酸水150cc程度注ぐのがおすすめです。

今回は、「いちご酢」のレシピをご紹介しました!
いちごが熟し過ぎてしまったり、傷んだときに作って最後まで美味しく食べきりませんか。


この記事は「むつざわに来てね」に掲載された記事の転載です。(2021年3月加筆修正)
取材・文・写真:むつざわ未来ラボ 五十嵐ゆかり

\ 気に入ったらシェアしてください /