むつざわの元気な農家さんをご紹介!

2020年10月30日

季節が急に秋めいてきた今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
こんにちは。未来ラボのhiroです。
今回は、上市場に新しく開設された観光交流センター「ぶらっと」に並ぶ、新鮮でお手頃価格なお野菜の生産者さん2人を取材してきました。

* * *

1人目は仁茂田幸男さんです。元々は板金業をしていました。
子供の頃から親と一緒に畑仕事をするのが大好きで、土を触っているのが楽しかったと話してくれました。畑をしなくなったら寂しくなって、20年前に荒れていた近所の空き地を借りて開墾したそうです。

畑の広さを聞いてみたら、「わかんないなぁ笑」確かに、広い。
上市場にこんなに広い敷地があるとは知りませんでした。26年住んでいてもわからないことがあるもんだ〜と驚きでした。
開墾したら美味しい作物ができる。それはきっと、自然災害が少なく、土地が豊かで栄養が豊富な素晴らしい土地があるからこそではないでしょうか?

作っている野菜は15~16種類 この日もほうれん草が元気にふさふさと育っていました。
土づくりにはかなりこだわりがあるようで、ミニ耕運機で何時間も耕すとのこと。流石にお邪魔した畑の土はふかふかで、歩いていてとても気持ちが良かったです。
「こうやって野菜と話しするのが楽しいんだよ」
クワを手に、ささっと畝を作られていました。さらっと農作業をしている仁茂田さん。
なんかかっこいい!!

「ぶらっと」ができる前までは、出来上がった沢山の作物は知り合いに差し上げていたそうです。今はぶらっとに出荷していろんな人に食べてもらえるのが嬉しいとのこと。

これから出荷予定のおすすめは、トロイモ(長いも)に八ツ頭(里芋、お正月に)、茎(ズイキ)もオススメとのこと。
珍しいところでは、ウコンも作っていました。

* * *

2人目は久我正一さんです。仁茂田さんのお隣さんです。

「ぶらっと」で一番出荷数の多い農家さん。この夏は、なす、きゅうりを沢山出荷されたとのこと。私もこの夏は何度もぶらっとに伺って、買い求めました。安い上に超新鮮。陳列棚に並ぶお野菜や果物は、見ているだけで元気になります!!
生産者さんの顔が分かると、お野菜もさらに美味しく感じます。
お人柄も温厚で仁茂田さんととても仲良しです。

お米は三町歩(9000坪!)もつくっていて、品種はコシヒカリ、ふさおとめ。餅米はふさのもち。
これから出荷予定のおすすめは、大根、キャベツ、白菜、ゆず、次郎柿。

取材終わりに、仁茂田さんと久我さんからお野菜のお土産を沢山いただきました。ありがとうございました。大根は豚バラと甘辛く炒めて、美味しくいただきました。写真を撮るのも忘れて食べてしまいました、、、

* * *

「ぶらっと」では、出荷してくださる生産者さんを募集中です。
今の出荷者数は約40人で、100人まで増やしたいと運営の秋元さんが張り切っています。
畑をやっている方、小さな畑でもOKです。お家で食べきれなかったお野菜を売ってみませんか?
毎日出荷しなくても大丈夫。今までの売れ筋はきゅうり、トマト、さといもなど日常食べているお野菜が中心です。
お家で農作物を作って、近所や親戚に差し上げているだけではもったいない。
沢山の方に食べていただいて、睦沢町のことをもっと知っていただける。
是非「ぶらっと」でお家のお野菜を出荷してみませんか?

上市場観光交流センター ぶらっと


この記事は「むつざわに来てね」に掲載された記事の転載です。(2021年3月加筆修正)
取材・文:むつざわ未来ラボ 飯塚裕美
写真:むつざわ未来ラボ 小林かおり

\ 気に入ったらシェアしてください /