鵜羽神社

岩井地区の田んぼが広がる田園風景の中に佇む神社。

上総十二社(*)の一社。パワースポットで有名な玉前神社の祭神・玉依姫命が乳母となって育て、後に夫となった鵜茅葺不合命とその両親(玉依姫命の姉・豊玉姫命、その夫・彦火火出見命)にあたる祭神を祀っている神社です。

*玉前神社を中心とし、祭神玉依姫命とその一族の神々を祀る12の神社のこと

房総の代表的な「海のまつり」として県指定無形民俗文化財となっている「上総十二社祭り」はここ鵜羽神社で行われる「十日祭(とおかまち)」から始まり、神輿二基が玉前神社に渡御(とぎょ)します。

十二社祭りに先立って9月8日に行われる御漱(おみすり)祭は、渡御を目前に控えた神輿をくぐる珍しい行事で、若いお母さんがくぐればお乳がよく出るようになり、赤ちゃんがくぐれば丈夫に育つといった御利益で知られています。

むつざわだより:1200年の歴史に触れる鵜羽神社「十日祭」

所在情報

鵜羽神社
住所:千葉県長生郡睦沢町岩井831

\ 気に入ったらシェアしてください /